生活体験合宿

| CLCAHOME | 生活体験合宿 | 生活体験合宿 |

親子で体験キャンプ「冬」のご報告

11月24日(金)
   ~11月26日(日)

場所:市間寮(西丹沢 大野山 山北町皆瀬川1177 山北駅よりタクシーまたは車で10分 駐車場有)

合宿の写真

今回の冬の親子キャンプは「火・食・生活」の力を実感・体得する合宿。陶芸家は火の魔術師だった!!

親子キャンプ参加者感想

◆初めて合宿に参加させていただきました。生活療法講座担当のKさんに進められ、どんなことをやるのかほとんど分からないまま、とにかく参加してみました。
 一番驚いたことは、子供たち、若者たちの明るさと動きの良さでした。特に小さい子が食器を割ってしまった時、誰に言われるでもなく、さっと対応する態度に感心しました。野焼きでも強風の中、安全に気を遣って行動する。皆の思いが一つになって見事に成功することができたように思います。 この合宿を通して自分の生き方を見直すことができました。迷ったらやる。生活を仕切り直す。おいしくて体に良い食事を作る。たくさんのことを学ばせていただきました。本当にありがとうございました。(大人)

◆今回、私は初めて土器を自分で作りました。私が作ったのは、湯飲みと車の形の箸置きと、小さい家です。土器を作っていると、楽しくなって、どんどん作りたい物が浮かんでくるのですが、私はテスト勉強だったのであまり作ることができませんでしたが3つも作ることができたのでよかったです。野焼きでは炎がパチパチなるほうが温度が高いということを知りました。完成した土器はとてもいい作品になっていて、これを自分で作ったのだと思うとすごく嬉しかったです。(中1女子)

◆野焼きの火を見るのは非常に気持ちがよかったです。黒いすすを焼き切っていくのにどんどん温度を上げていっている時には、私の身体や心のすすも焼き切られる気がしました。(大人)




2017年度 4回連続 CLCAの親子で体験キャンプ

 連続4回の体験キャンプは、丹沢の山中にある「市間寮」築100年以上の古民家を中心とした合宿所で、毎回多彩なゲストを迎えて行います。かまどでご飯を炊き、お風呂も薪で沸かします。子どもにとっては楽しく普段できないことの学びの場であり、親にとっては子育てのヒントにつながるプログラムとなっています。


※子どもだけ、親だけ、1回ずつの参加もできます。


参加費(税別):
大人・子ども 会員18,000円・会員外23,000円
幼児(小学生未満) 会員10,000円・会員外15,000円
幼児(2歳以下) 会員2,000円・会員外2,500円 ※幼児とは2歳以下、寝食を親と一緒の子です。

会員の家族参加2人以上から、とってもお得な割引があります。お問い合わせください。
キャンセル料は、5日前から前日まで40%、当日又は連絡なし100%申し受けます。お問い合わせください。


お申し込み方法:
FAXでの申し込み:0465-35-8421
メールでの申し込み:clca@clca.jp
電話での申し込み:0465-35-8420




合宿の様子は?LinkIconこちらをチェック!


申し込み・問い合わせ先 
NPO法人子どもと生活文化協会 ℡0465-35-8420 Fax 35-8421 clca@clca.jp



市間寮(いちまりょう)

築100年を超える古民家とログハウス&ツリーハウス。
土間には3つのへっつい、石窯があり、かまどでご飯を炊き、石窯で天然酵母パンやピザを焼きます。お風呂はまきで沸かします。陶芸窯もあります。

神奈川県足柄上郡山北町皆瀬川1177
JR御殿場線山北駅から徒歩1時間30分。
車は東名高速道路大井松田ICより約30分

RIMG0051.JPG  sinitima.JPG市間寮(いちまりょう)

MAP

-生活体験合宿-あそぶ・たべる・ねる・つくる・まなぶ

丹沢山中にある古民家とログハウスで山の暮らしを体験します。

 いろいろなところから集まった大人、子ども、赤ちゃんまで60人くらいのにぎやかな家族で2泊3日の山の生活を体験します。山の暮らしでは火を起こす、ごはんをつくる、掃除をする、まきをつくる、思いっきり遊ぶなどなどに、思わぬことも加わってやることがいっぱい。食事は身体にやさしい穀物菜食。かまどで炊いた無農薬米は絶品です。
現代人は便利になり過ぎて、本来持っている感や勘の能力が開発されにくくなっています。そこに加えて幼児期からの早期知的教育やゲームなどのバーチャル体験が多くなり、実体験が不足することによって、先を考えながら行動したり決断する力が養われにくくなっています。スケジュール通りに生活するのではなく、その時その時変わっていく状況(天気や必要な作業など)に即応していく生活力をつけていく場所です。

薪割りやかまどでご飯炊き、石窯でのパン焼き、陶芸をしたり。ゲストのワークショップもあります。

場所 市間寮

ご飯炊き.JPG FH020003.JPG

DSCF3151.JPG クリスマス会.JPG

DSCF3174.JPG DSCF3209.JPG

天蛙塾(てんけいじゅく)「自分と向き合う」
はじめ塾という寄宿生活教育の場とCLCAで「生活教育」を実践、提唱してきた和田重宏さんの合宿です。和田さんのこれまで培ってきたものを伝えていくために、「天蛙塾」と名前を付け、生活~つながり合いについて学んでいこうと思います。子どもに教えようと思ったわけではないのに、自然にできるようになっていたなど、生活の中では伝わっていくのです。ではどういう生活をしていくのがよいのでしょう。計画通りにはいかない生活の中の対応は文字や言葉では伝えられないことだらけ。でもおもしろい!寄宿教育について学びたい、自分の生活を見直す機会にしたいなど、参加理由は問いません。学んだ人たちが自分の家庭や地域でこの考えを実践していくことで、地域力が生まれ、分かち合う社会が築かれていくと思います。是非、市間寮での「生活」を体験して下さい。