生活体験合宿

| CLCAHOME | 生活体験合宿 | 生活体験合宿 |

おとなとこどもの2018年度CLCA体験合宿

GW 5月3日(木)
   ~5月5日(土) 2泊3日

場所:市間寮(西丹沢 大野山 山北町皆瀬川1177 山北駅よりタクシーまたは車で10分 駐車場有)

合宿の写真

 縄文土器、弥生土器、知っているようで実は大人も知らない土器のお話。はるか何千年も前のお話を聞いて、何千年も前の土器を実際に作ってみます!
 土器を焼き上げる1000度を越す火の力、何千年も前に作られた土器を現在まで残す魔法の力。その火の本当の力を感じてみませんか。

◆ゲスト 佐古和枝さんのプロフィール
鳥取県米子市出身。関西外国語大学教授。専門は日本考古学。大学での講義、考古学の研究活動の他、考古学の愉しさや遺跡の大切さを市民に伝えるための執筆、講演、市民活動など多忙な日々を送る。山陰遺跡ネットワーク会議代表、長崎県原の辻遺跡発掘調査指導委員、福岡県立歴史資料館協議会委員などを務める。著書に「吉野ヶ里 ~繁栄した弥生都市~」(草思社)、「ようこそ考古学の世界へ」(中央公論新社)など。

◆ゲスト 柴田真澄さんのプロフィール
陶芸家は火の魔術師です。柴田真澄さんは、作陶家の父・柴田雅章さんの背中を観ながら修行中で、一人立ち間近の身です。気の浄化に最も有効なのが「火」です。庭で二昼夜燃やし続けると市間の気は完全に浄化されます。その証拠に、みんなが山を下りた夜になると庭に必ず鹿が現れました。野生動物たちは気が穢れていない環境に集うと言います。1000度を超える火の勢いにはどのような力があります。それをみなさんと体験できたらと思います。




2018年度 体験キャンプ

 連続4回の体験キャンプは、丹沢の山中にある「市間寮」築100年以上の古民家を中心とした合宿所で、毎回多彩なゲストを迎えて行います。かまどでご飯を炊き、お風呂も薪で沸かします。子どもにとっては楽しく普段できないことの学びの場であり、親にとっては子育てのヒントにつながるプログラムとなっています。


※子どもだけ、親だけ、1回ずつの参加もできます。


参加費(税別):
大人・子ども 会員18,000円・会員外23,000円
幼児(小学生未満) 会員10,000円・会員外15,000円
幼児(2歳以下) 会員2,000円・会員外2,500円 ※幼児とは2歳以下、寝食を親と一緒の子です。

会員の家族参加2人以上から、とってもお得な割引があります。お問い合わせください。
キャンセル料は、5日前から前日まで40%、当日又は連絡なし100%申し受けます。お問い合わせください。


お申し込み方法:
FAXでの申し込み:0465-35-8421
メールでの申し込み:clca@clca.jp
電話での申し込み:0465-35-8420


◆2018年CLCA合宿今後の予定

7月21日~23日
ゲスト マクロビオティック研究家 磯貝昌寛さん

9月29日~30日
ゲスト 佐古和枝さん 本物の縄文遺跡に行こう

11月23日~25日
ゲスト はじめ塾前塾長 和田重宏さん



合宿の様子は?LinkIconこちらをチェック!


申し込み・問い合わせ先 
NPO法人子どもと生活文化協会 ℡0465-35-8420 Fax 35-8421 clca@clca.jp



市間寮(いちまりょう)

築100年を超える古民家とログハウス&ツリーハウス。
土間には3つのへっつい、石窯があり、かまどでご飯を炊き、石窯で天然酵母パンやピザを焼きます。お風呂はまきで沸かします。陶芸窯もあります。

神奈川県足柄上郡山北町皆瀬川1177
JR御殿場線山北駅から徒歩1時間30分。
車は東名高速道路大井松田ICより約30分

RIMG0051.JPG  sinitima.JPG市間寮(いちまりょう)

MAP

-生活体験合宿-あそぶ・たべる・ねる・つくる・まなぶ

丹沢山中にある古民家とログハウスで山の暮らしを体験します。

 いろいろなところから集まった大人、子ども、赤ちゃんまで60人くらいのにぎやかな家族で2泊3日の山の生活を体験します。山の暮らしでは火を起こす、ごはんをつくる、掃除をする、まきをつくる、思いっきり遊ぶなどなどに、思わぬことも加わってやることがいっぱい。食事は身体にやさしい穀物菜食。かまどで炊いた無農薬米は絶品です。
現代人は便利になり過ぎて、本来持っている感や勘の能力が開発されにくくなっています。そこに加えて幼児期からの早期知的教育やゲームなどのバーチャル体験が多くなり、実体験が不足することによって、先を考えながら行動したり決断する力が養われにくくなっています。スケジュール通りに生活するのではなく、その時その時変わっていく状況(天気や必要な作業など)に即応していく生活力をつけていく場所です。

薪割りやかまどでご飯炊き、石窯でのパン焼き、陶芸をしたり。ゲストのワークショップもあります。

場所 市間寮

ご飯炊き.JPG FH020003.JPG

DSCF3151.JPG クリスマス会.JPG

DSCF3174.JPG DSCF3209.JPG

天蛙塾(てんけいじゅく)「自分と向き合う」
はじめ塾という寄宿生活教育の場とCLCAで「生活教育」を実践、提唱してきた和田重宏さんの合宿です。和田さんのこれまで培ってきたものを伝えていくために、「天蛙塾」と名前を付け、生活~つながり合いについて学んでいこうと思います。子どもに教えようと思ったわけではないのに、自然にできるようになっていたなど、生活の中では伝わっていくのです。ではどういう生活をしていくのがよいのでしょう。計画通りにはいかない生活の中の対応は文字や言葉では伝えられないことだらけ。でもおもしろい!寄宿教育について学びたい、自分の生活を見直す機会にしたいなど、参加理由は問いません。学んだ人たちが自分の家庭や地域でこの考えを実践していくことで、地域力が生まれ、分かち合う社会が築かれていくと思います。是非、市間寮での「生活」を体験して下さい。