12月のヤッホー子どもガーデン

12月のヤッホー子どもガーデンには8組の家族が参加しました。
寒波の影響で朝から冷え込んでいたこの日、空手の寒稽古だ!と気合を入れて防寒対策バッチリでヤッホーガーデンへ向かいました。しかし、降り注ぐ太陽の光の温かいこと。「1,2,3,4・・・・」と掛け声に合わせて腕を動かすと、もう体はポカポカでした。この空手の時間はとても短いですが、私の普段の生活で味わえない集中と気合が凝縮しています。大きな声も、振り返れば普段は子どもに怒っているときだけ。右に左にバタバタしている日常ですが、どっしりと構え、気を整える時間の気持ちよさを感じることができました。
次にしめ縄作り。今回のしめ縄作りは寒さを考慮し、坊所の部屋いっぱいにシートを敷いて準備をしてくださっていました。まずは、久保さんによるデモンストレーション。去年もしめ縄作りを体験した私は、ワクワクしながら稲わらを編みはじめました。が、なんと難しいこと!藁は全く言うことを聞いてくれずボサボサのグニャグニャ。久保さんは優しく藁を触り、とても軽やかに藁を編んでいましたが、その技術は簡単に真似できるものではありませんでした。苦戦し何度もやり直しながら、また微力ながら子どもの手伝いもありなんとか完成。見た目はさておき、集中して作品を作る楽しさや世界に一つだけのしめ縄といううれしさを味わうことができました。「作って楽しい 飾って嬉しい」
?Gg[???ubN}[N??